アメリカ軍 AIで戦車の故障リスクを事前に把握

f:id:yyamaba:20180628070207j:plain

アメリカ軍は、戦車をメンテンスすべきタイミングを把握するため、AIを活用している。このプログラムは、米国AI関連会社Uptakeが技術協力し、開発された。

同社は公式ブログにおいて、戦車の故障を事前に把握し、予定外の修理・メンテンスを避けることは、活動の効率化につながると述べている。

同AIは、エンジン内部のセンサーで温度などを計測。過去に修理が必要となったエンジンのデータを機械学習していることから、アルゴリズムが修理・メンテンスの必要性を判定する。

参考資料: U.S. ARMY TO USE UPTAKE’S ARTIFICIAL INTELLIGENCE SOFTWARE TO INCREASE BRADLEY FIGHTING VEHICLE READINESS