動画から人の動作や姿勢を抽出するAI商品化

最新ニュース

電通国際情報サービスは、このたび動画から人の動作や姿勢を抽出するAIを開発した。

これは米国 カーネギーメロン大学が開発した「OpenPose」を映像解析エンジンとして採用したもので、人体の姿勢の特徴をディープラーニングを用いて検知するという。OpenPoseは、ごく一般的なカメラで撮影した映像からもデータを読み取ることができるため、すでに撮影済みの動画も分析可能。さらに複数人の姿勢を同時に検知でき、リアルタイムで作動させても精度が高いのが強みだという。

また、OpenPoseで取得した人の姿勢情報に、同社が開発したアルゴリズムを組み合わせることで、撮影した動画において、特定の行動がいつ発生したか、作業者の姿勢に無理が生じていないかなどを抽出することも可能だという。

参考資料: GitHub – CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose: OpenPose: Real-time multi-person keypoint detection library for body, face, and hands estimation