Formula 1 AWSの機械学習やディープラーニングを利用

photo by iStock
最新ニュース

F1世界選手権を運営するFormula 1は、公式クラウドサービス&機械学習サービスとして、アマゾンが運営するAWSを採用したことを発表した。

同社は今後、レース戦略、データ分析、機械学習、動画配信など、幅広い分野でAWSを利用する。同社のデータサイエンティストは、AWSが提供するディープラーニングモデルによって、これまで蓄積した65年分のデータを分析するという。

このほか、ドライバーの調子などをリアルタイムで把握することで、チーム全体の状況がわかるようになるなど、視聴者の満足度を上げる動画サービスの提供を検討しているという。

Photo: mikkelwilliam / iStock