MIT 化学物質の構造を機械学習させ、新しい物質発見を目指す

Chemical Formulas Medical Experiment
最新ニュース

マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ・サイエンス研究チームは、250,000にも及ぶ化学物質の構造をAIに機械学習させ、新しい化学物質の発見をサポートするアルゴリズムを開発している。

同大学が開発した機械学習アルゴリズムは、より効果的に新しい化学物質を発見できる可能性があるという。

従来の化学物質の発見方法では、価値のない化学物質を見出してしまう場合があることが大きな問題だった。しかし、同アルゴリズムを活用することで、発見された物質のうち43.5%は有効な化学物質である可能性があるという。

参考文献: Automating molecule design to speed up drug development
Photo: teekid / iStock