Amazon、女性を差別する人材採用AIツール廃棄

最新ニュース

ロイター通信は、Amazonが採用活動のために開発したAIツールが女性に対する偏見を含むため、同社が自ら破棄したことを報じた。

今回破棄された人材採用AIツールに詳しい5名の関係者が語ったところによると、Amazonの専門家チームは、就職希望者の履歴書を調査するコンピュータプログラムを2014年より開発。優秀な才能を探す過程を機械化するのが狙いだったという。

この実験的な人材採用ツールは、採用候補者に対して1つ星から5つ星の点数をつける人工知能を使用していた。ロイター通信に情報を提供した人々によると、その様子は、まるでAmazonの商品にレビューをつける購入者のようだったという。

情報提供者は、「皆がこのシステムを渇望していました。Amazonは、100人分の履歴書から上位5人のデータを抽出し、その人たちを雇えばいいというプログラムに従っていた」とも語っている。

しかし一方で、2015年までの間に、ソフトウェア開発職など技術系の求人に応募してきた人々に対して、同システムが性別に中立な形で評価を行っていないことが判明。

その背景には、同システムのテストデータに、過去10年分の履歴書のパターンが活用されてきたことが挙げられる。テクノロジー産業で働く人々は、業界全体的に男性が大部分を占めており、この訓練に使われた履歴書も、多くは男性から送られてきたものだった。

その結果、「男性候補者が好ましい」判断するAIが完成した。よって同システムは、「女子チェス部の主将を務めた」など「女性の」という言葉が含まれる履歴書を減点していたという。関係者の話によると、このシステムが2つの女子大学の卒業生の評価を下げた可能性もある。