AIがフェイクニュース問題を解決する糸口になるのか?

Photo by iStock
最新ニュース

世界からフェイクニュースがなくなる日が来るには、まだまだ時間がかかりそうだ。先の米大統領選挙でも大きな話題を呼んだこの問題の解決は、当面の間は人の手によって行われることになる。

米ニューヨークタイムズによると、AIがフェイクニュースを見分けるようになるまでに技術的な進歩を遂げるには、あと十年以上の時間を要すると言われている。現時点でのAIは、キーワード同士の相関関係を統計的に表すことは可能でも、その情報の信憑性を図るには至っていないからだ。フェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグ氏も、フェイクニュース根絶に取り組む姿勢は見せているものの、「少なくとも5年から10年を要する」と、短期的な解決策の開発には悲観的だ。

AI技術の発展が待たれる一方で、Facebookが今年末までにセキュリティー関連に従事する社員を倍の20,000人に増やすことも、米CNBCで報じられている。彼らはフェイクニュースに限らず、不適切な内容を含む広告などを人力で見つけ出し、掲載を取り下げている。当面の間は、このアナログな方法がフェイクニュースへの対策としても採用されるようだ。