Google AI ニューヨークタイムズの500万枚写真を自動分類

Photo by iStock
最新ニュース

Googleの画像認識AIは、The New York Times(以後:NYT)に1870年代から保存されていた500万枚以上のアナログ写真をデジタル化し、ジャンル分けや文字データの添付などを行った。それまでNYTでは、大量のアナログ写真を分類できずにいたが、AIによってそれが可能となった。NYTの最高技術責任者は、「これによってNYTの歴史と現代社会を形成する歴史的出来事がつまびらかとなった」とコメントしている。

米・ITメディアCNETによると、NYTの保管庫には、1870年代から貯蔵された500万枚以上のアナログ写真があるが、Googleの画像認識AIは、これらの膨大な数の写真をデジタル化するだけでなく、写真撮影者、ランドマーク、その他様々な分類で、自動的に振り分けたという。これによって、それまで貯蔵庫に眠っていた写真を自由に参照したり、使用したりすることができるようになった。GoogleのAIは、写真を分類するだけではなく、新聞の画像上に書かれている手書きのメモをスキャンして画像の文字情報データとして添付するといった機能を備えている。

米・テクノロジーメディアThe Vergeによると、NYTの最高技術責任者Nick Rockwell氏は、「今回のAI導入によってタイムズの歴史だけでなく、現代社会を形成した世界的な出来事について、非常に貴重な記録を明らかにすることができた。これまでNYTの保管庫は、文書の宝庫でありながら、それらを公に晒すことができていなかった」とコメントしたという。同メディアでは、NYTの保管庫がこれまでアナログ写真を放置してきた貯蔵庫を「死体安置所」と比喩しており、その表現から今回AIが明らかにした写真の量や歴史がうかがえる。