GoogleがGboardにAI導入 文意に適した絵文字を提案

最新ニュース

Googleは、AIがチャット上の会話に見合ったステッカーや絵文字を提案する機能をGboard(Android OSのキーボード)に追加することを発表した。チャット上でユーザーが的確な自己表現をしやすくするために、今後もGboardにAIを導入していく見込みだという。

Googleが、Android OSで使用できるGboardに、AIを使った新たな機能を追加することを発表した。この機能は、タイプした文章に対して、AIが自動で何千ものステッカーや絵文字の中から最適なものをいくつか提案するというものだ。この開発に関して、「ステッカーの提案をするためにAIが文章を読み取ることで、プライバシー上の心配はないのか」という声も上がっているが、GboardのプロダクトリーダーであるAngana Ghosh氏は、「この機能はすべてオフラインデバイス内で処理が行われるため、会話がネット上に流出する恐れはない」とGoogle AI Blog上でコメントしている。

GoogleがGboardにAIを使用したのは初めてではなく、最近では、AI画像認識技術を使い、ユーザーの顔写真を元にしてステッカーを作成する機能を追加している。GoogleがGboardにAIを組み込むことを通じて目指すのは、ユーザーがチャット上で自分自身をもっと表現できるようにすることだと米・ITメディアVentureBeatは報じている。テキスト上でのやりとりは、相互に誤解を生みやすい。Googleはこうした問題を解決するために、今回のような機能を開発している。