Microsoft Facebookの人工知能ツール「PyTorch」への開発協力

最新ニュース

Microsoftは、Facebookの人工知能ツール「PyTorch」の開発に協力することを明らかにした。Microsoftは、2016年から深層学習ツール「Cognitive Toolkit」の開発を続けているが、今後はより多くのユーザーが使用する「PyTorch」にその強みを受け継いでいくという。

CNBCオンライン版のインタビューによると、Microsoftのチーフテクノロジーオフィサー ケヴィン・スコット氏は、2017年にFacebookのチーフテクノロジーオフィサー マイク・シュレーファー氏と会談し、ユーザーに効果的にAIを使用してもらうためには、AIフレームワークが乱立する現状の複雑さを解消する必要があると感じたという。今後は、よりユーザーコミュニティに必要とされるサービスを提供していきたいと考えているようだ。

米ウェブメディアSeeking Alpha によると、Microsoftのエリック・ボイド氏は、「現状で活発なコミュニティは、(Facebookの)『PyTorch』と(Googleの)『TensorFlow』であり、それが我々が重視する領域だ」と語ったという。Microsoft は2017年にFacebookと共同で、ユーザーがあるフレームワーク(Cognitive ToolkitやPyTorch)で作成した深層学習モデルを、別のフレームワークに移動できるオープンソースソフトウェア「ONNX」 を発表しており、今後も活発なユーザーコミュニティへの支援を目指していくとみられる。