Apple AIソフトウェアのスタートアップ「Silk Lab」を買収

Photo by iStock
最新ニュース

Appleが、消費者ハードウェア向けの軽量なAIソフトウェアに強みを持つAIスタートアップ「Silk Lab」を買収した。Silk Labは最先端の画像と音声の認識に強く、組み込み型のAIを開発している。Appleは今後この技術を同社製品の性能向上やプライバシー強化に応用したい考えだ。

CNETによると、Silk LabはMozillaのスマートフォンOS「Firefox OS」に関わっていたAndreas Gal氏、Chris Jones氏、Michael Vines氏らによって、カリフォルニア州で2015年に設立された企業だ。The Informationによると、同社は従業員が10人程度の小さな企業で、すでに400万ドル相当の資金調達も行っていたようだ。そのため、Appleにとっての買収の規模はそれほど大きくなかったとみられている。

一方で、MacRumorsによれば、Silk Labの画像認識と音声認識のAI技術は、デジタルディスプレイメトリック、アクセス制御、人の検出、顔認識、音声検出、物体認識などの領域に応用ができる。また、同社製品は組み込み型のAIのため、外部と通信を行う必要がない。そのため、Apple製品のAI技術の性能向上やプライバシー強化と相性がいいようだ。Silk Labの技術力が、AIに力を入れているAppleの武器になっていくことが期待されている。