AIによる演奏 中国で初登場

Photo by iStock
最新ニュース

中国・中央音楽学院の演奏家とアメリカの人工知能「楽団」からなる演奏会が、11月26日の夜、中央音楽学院の校舎で開催された。人工知能による伴奏が加わった演奏は、中国で初の試みとなる。演奏会では、西洋の古典的な協奏曲だけでなく、中国の伝統音楽「長城随想曲」も演奏され、合計12の作品が披露された。

伴奏を担った「楽団」は、アメリカのインディアナ大学情報工学部によって開発されたものである。同大学は、今年5月、中国中央音楽学院とともに「情報学愛楽楽団」実験室を設立し、今回の演奏会はその成果のお披露目とも言える。今回の演奏会について、中国新華社は、「人工知能が音楽業界に進出できるきっかけになれば」という期待が込められていると報じている。

演奏会では、バイオリン、トロンボーン、オーボエ、サクソフォンなど12種類の楽器が演奏された。人工知能「楽団」はそれぞれの楽器の演奏スピードやリズムに合わせて、即座に伴奏しなければならない。現在、人工知能による音楽の感知能力はまだまだ人間に及ばないとされているが、これからの発展に期待できそうだ。