AI創薬を行うExscientia社 企業買収で研究技術を強化

Photo by iSock
最新ニュース

AIによる創薬研究を行っているExscientia社が、主に生物物理学の研究をしているイギリスのKinetic Discovery社を買収し、同じ施設で研究を行うと発表した。この買収によって研究の幅を広げ、これまでよりも多方面から創薬研究にアプローチし、AIの活用で迅速で確実な創薬研究を行うことができるようにするのが目的だという。

insiderによると、Kinetic Discovery社はタンパク質の研究技術に長けており、生物物理学的な視点から創薬研究などを行っているという。今回の買収で、Exscientia社のAIによる創薬研究にKinetic Discovery社の技術が加わることになれば、遺伝子情報を基にした研究から臨床データを基にした研究まで、さらに高度な研究が可能になるという。また、Exscientia社の一部の研究者や、Kinetic Discovery社に所属していた研究者は、Exscientia社の新しい研究拠点であるオックスフォード・サイエンスパークに移動して研究を行うという。

Pharma Phorumは、Exscientia社が過去2年間にわたってKinetic Discovery社と共同研究を行っており、お互いの研究技術に感銘を受けていたことを報じた。今回の買収は、双方の研究技術をよく理解した上で行われたものであり、AIによる創薬研究を確実に加速させると言えるだろう。