Microsoftの幹部 AI技術を米軍に提供する意思があることに言及

Photo by iStock
最新ニュース

Microsoftの幹部が、同社のAI技術を米軍へ提供する可能性があることに言及した。すでに連邦政府や軍事機関に対して同社はAI技術を提供しており、大口の契約を獲得している。GoogleやAmazonなど大手各社のAIの軍事利用に対する対応はまちまちであり、今後どのように向き合うのかに注目が集まる。

Business insider UKによると、Microsoftの社長兼最高法務責任者であるブラッド・スミス氏は、同社のAI技術を米軍に提供する意思があることに言及したという。すでにMicrosoftは、アメリカ連邦政府や軍事機関にAI技術を提供しており、Bloombergが報じたところでは、今年初めに署名されたCIAとの契約だけで何億もの利益を生んでいるようだ。

各社のAIの軍事利用に対する態度は分かれている。テクノロジー系メディアTHE VERGEによると、GoogleはAI兵器を開発しないことを明確にし、AI開発におけるガイドラインを作成している。一方で、Amazonのジェフ・ベゾスCEOは、AIを米軍へ提供することを擁護しているとBusiness insiderが報じている。