MOST POPULAR

従業員の64%が上司よりロボットを信頼する世界 – AI at Work オラクルの調査

AIが職場における人々とテクノロジーの関係性をいかに変えているか。以前にはフィリップスの Future Health Index というAI医療利用の世界的な調査を紹介した(過去記事)。 2019年10月、米大手ソフトウェア企業のOracleが発表した AI at Work では、従業員の64%がマネージャーよりもAIおよびロボットに信頼を寄せるという結果を示した。人材管理などを専門とする企業 Future Workplace と共同で行った調査は、10か国8,370名の従業員・マネージャー・人事リーダーを対象に行われた。全体平均64%に対して、インド(89%)や中国(88%)は極めて高いロボットへの信頼であり、日本も76%で平均を上回る。 ロボットがマネージャーより優れていると感じる項目については、情報提供の公平さ(26%)、作業スケジュール管理(34%)、問題解決力(29%)、予算管理(26%)という内訳であった。 一方で、マネージャーがロボットより優れていることについては、感情の理解(45%)、コーチング(33%)、職場のカルチャーを生み出すこと(29%)となる。 Oracleの担当者 Emily Heは「過去2年間と比較して、労働者が職場にAIが採用されることやAIが人材管理を行うことに対して楽観的になってきていることがわかってきました。AI主導型の職場における、管理職の役割が再定義されようとしています」と語った。

従業員の64%が上司よりロボットを信頼する世界 – AI at Work オラクルの調査

AIが職場における人々とテクノロジーの関係性をいかに変えているか。以前にはフィリップスの Future Health Index というAI医療利用の世界的な調査を紹介した(過去記事)。 2019年10月、米大手ソフトウェア企業のOracleが発表した AI at Work では、従業員の64%がマネージャーよりもAIおよびロボットに信頼を寄せるという結果を示した。人材管理などを専門とする企業 Future Workplace と共同で行った調査は、10か国8,370名の従業員・マネージャー・人事リーダーを対象に行われた。全体平均64%に対して、インド(89%)や中国(88%)は極めて高いロボットへの信頼であり、日本も76%で平均を上回る。 ロボットがマネージャーより優れていると感じる項目については、情報提供の公平さ(26%)、作業スケジュール管理(34%)、問題解決力(29%)、予算管理(26%)という内訳であった。 一方で、マネージャーがロボットより優れていることについては、感情の理解(45%)、コーチング(33%)、職場のカルチャーを生み出すこと(29%)となる。 Oracleの担当者 Emily Heは「過去2年間と比較して、労働者が職場にAIが採用されることやAIが人材管理を行うことに対して楽観的になってきていることがわかってきました。AI主導型の職場における、管理職の役割が再定義されようとしています」と語った。

Ambient Clinical Intelligence – 医師を書類作業から救うAI環境開発

テック大手のMicrosoftは、音声認識で知られている米Nuance Communicationsと提携し、医師の煩雑な書類作業を激減させるAI環境開発を進めている。 Fierce Healthcareの報道によると、Microsoft AzureのクラウドプラットフォームとAI技術に、Nuanceが持つ臨床文書および臨床現場での音声認識に関する専門技術を統合し、Ambient Clinical Intelligence(ACI)の開発を図るという。具体的には、新しいこのテクノロジーは診察中の医師と患者の会話を「聞く」ことで、会話データを電子カルテのコンテキスト情報と併せ、自動的に患者の医療情報を更新することができる。Microsoftでヘルスケア戦略を担当するGreg Moore医師は「コンピュータは大抵の場合で、医師と患者間のやり取りやアイコンタクトの妨げとなり、両者の不満足な体験に繋がる」としている。ACIは医師による積極的な入力作業を要さない極めて静的なシステムであることから、医師は臨床現場でより患者にフォーカスすることができるようになる。 近年の研究では、プライマリケア医は「患者ケア1時間あたり2時間もの電子カルテ作業に追われている」との報告もあり、診療時間後にも書類作業にあたるなど、医療記録の入力作業自体が医師の燃え尽きを助長することが指摘されてきた。

PEOPLE

LIFE

DESIGN

219,118ファンいいね
66,926フォロワーフォロー
26,400購読者購読

LATEST VIDEOS

TECH POPULAR

TRAVEL

AIがわかる病院リーダーはわずか半数 – Oliveの米国内調査

医療分野でAI技術を評価できる人材の重要性(過去記事)はあらゆる場面で繰り返し提唱されている。では実際のところ病院を率いるリーダーはAIに対してどのように向き合っているだろうか。米国AI関連企業のOliveが全米115名の病院責任者・役員に調査したところ、AIあるいは類似概念RPA: Robotic Process Automationについてよくわかっていたのはわずか半数であった。 Health IT Analyticsの報道では、リーダーの半数以上がAI/RPAの提供会社や解決手法を自ら指名することができておらず、AIに対する理解が意思決定に大きな影響を与えていることが解説されている。また、同分野に投資しようとしているリーダーは全体の23%、そのうち半数が導入予定時期を2021年までとしている。米国でも全体として医療業界はAI導入の初期段階にあることが示唆された。 米国に限らず、今回のAIブームをきっかけに新しく取り組む医療関係者は目に見えて増えた。一方、保守的な姿勢を続ける人との二極化は進む印象がある。もちろん、医療におけるAI活用の難しさは過熱したブームの後を追う形で指摘が続いている。きちんとした科学的検証をせずに先端技術に飛びつくのは賢明とは言えないだろう。しかし、よく理解した上で懐疑的で慎重になることと、知ろうとしないこととの間には深い断絶がある。果たして日本における病院のリーダー達はどうだろうか?