MOST POPULAR

MyHealthTeams シリーズBで約10億円の資金調達

米サンフランシスコのスタートアップMyHealthTeamsは、ベルギーに本拠を置く世界的製薬メーカーであるUCBなどから、シリーズBラウンドにおいて約10億円の資金調達を実施した。 MyHealthTeamsは、慢性疾患を持つ人々を対象としたソーシャルネットワークサービスで知られる。現在33のネットワークを提供し、多発性硬化症・過敏性腸症候群・血友病・うつ病など疾患は多岐に渡り、13の国々から200万人を超えるユーザーを抱える。ソーシャルネットワークを介した心理的サポートや日常生活上のアドバイス共有などだけではなく、AIを活用したユーザー個々の需要に応じた患者教育も提供する。 同社による発表のなかで、CEOのEric Peacock氏は「慢性疾患と生きることは、世界の半数の人々が直面する現実だ。我々のサービスは適切な情報の共有とサポートを通して、患者のより良い病状管理につなげることができる」と述べる。

MyHealthTeams シリーズBで約10億円の資金調達

米サンフランシスコのスタートアップMyHealthTeamsは、ベルギーに本拠を置く世界的製薬メーカーであるUCBなどから、シリーズBラウンドにおいて約10億円の資金調達を実施した。 MyHealthTeamsは、慢性疾患を持つ人々を対象としたソーシャルネットワークサービスで知られる。現在33のネットワークを提供し、多発性硬化症・過敏性腸症候群・血友病・うつ病など疾患は多岐に渡り、13の国々から200万人を超えるユーザーを抱える。ソーシャルネットワークを介した心理的サポートや日常生活上のアドバイス共有などだけではなく、AIを活用したユーザー個々の需要に応じた患者教育も提供する。 同社による発表のなかで、CEOのEric Peacock氏は「慢性疾患と生きることは、世界の半数の人々が直面する現実だ。我々のサービスは適切な情報の共有とサポートを通して、患者のより良い病状管理につなげることができる」と述べる。

医療AI研究を守るのもまたAI – メリーランド大学のサイバーセキュリティ技術提携

個人情報の宝庫である医療機関の患者データに、サイバーアタックの脅威が迫っている(過去記事)。メリーランド大学は、ボルチモア校(UMB)とボルチモア郡校(UMBC)の間で協定を結び、医療データと医療機器をサイバーアタックから保護するためにAIを活用することを発表した。 Healthcare Innovationの報道によると、ボルチモア校の医学知識と、ボルチモア郡校のサイバーセキュリティ技術を組み合わせることで、医療データの安全性を高める計画が進められる。同大学の大規模データセットから機械学習モデルを設計する際には、関連する医療デバイスとシステム上のセキュリティリスク自体をAIが発見するという。 「今後の臨床研究プロジェクトは、その一部にサイバーセキュリティを含むものでなければいけない」と、ボルチモア校の担当者は述べる。医療AI研究のためデータ収集するデバイスやシステムの経路が増えるほどに、セキュリティに抜け道が生じることも自明である。従来のセキュリティホール探索に限界が生じたとき、そこにもまたAI活用の余地があるだろう。

PEOPLE

LIFE

DESIGN

218,044ファンいいね
66,512フォロワーフォロー
24,986購読者購読

LATEST VIDEOS

TECH POPULAR

TRAVEL

Tencent(テンセント) 数分でパーキンソン病を診断できる人工知能(AI)を開発中

中国のTencent(テンセント)は、数分でパーキンソン病を診断できる人工知能(AI)ソフトウェアの開発のため、ロンドンのヘルスケア企業Medopad(メドパッド)と協力していることを明らかにした。 米紙フォーブスによると、開発中のAIシステムは、患者の既存のビデオ映像を解析することで、パーキンソン病を発見するという。ビデオ分析の技術開発は、ロンドンのキングス・カレッジ病院と共同して行われた。 Tencent Medical AI Lab(テンセント・メディカルAIラボ)の責任者ウェイ・ファン博士は、「この技術は、パーキンソン病の早期診断に役立つ。TencentとMedopadの協力の目的は、スポーツや運動から医薬まで幅広い分野でのAI技術を活用することであり、今回の開発の結果、診断における費用削減も期待できる」と述べている。