MOST POPULAR

デンマーク Corti社 – 緊急通話から心肺停止 CPAを判定するAI

心肺停止(Cardiopulmonary arrest: CPA)の緊急通報で、バイスタンダー(bystander)と呼ばれる救急現場に居合わせた発見者・同伴者は、心肺停止の様子を落ち着いて正しくオペレーターに伝えられるだろうか。また、蘇生処置は速やかに開始されるだろうか。 世界経済フォーラム: The World Economic Forumの記事によると、デンマークのCorti社は、コペンハーゲンの公式緊急通話『112』で心肺停止判定AIを試験運用している。通話音声での病状に関する単語や特徴から、心肺停止の有無を識別するニューラルネットワークを構築した。オペレーター単独73%に比べ、AIのサポートにより90%以上の正確さで心肺停止を認識できたという。同システムは欧州の4つの都市に試験範囲を拡大する。 AIが通話の早期に心肺停止を検知すれば、一刻も早い蘇生処置をバイスタンダーに指示できる。システムの誤検知によるリスクに対しては、蘇生処置を躊躇するデメリットが上回ると考えるのが一般的だ。蘇生処置なしで経過した心肺停止は、社会復帰率が1分毎に7-10%程度、急速に低下するといわれる。欧州や米国と比較し社会復帰率の低さが課題とされる日本でも、公的インフラへのAI応用の参考例となるだろう。

デンマーク Corti社 – 緊急通話から心肺停止 CPAを判定するAI

心肺停止(Cardiopulmonary arrest: CPA)の緊急通報で、バイスタンダー(bystander)と呼ばれる救急現場に居合わせた発見者・同伴者は、心肺停止の様子を落ち着いて正しくオペレーターに伝えられるだろうか。また、蘇生処置は速やかに開始されるだろうか。 世界経済フォーラム: The World Economic Forumの記事によると、デンマークのCorti社は、コペンハーゲンの公式緊急通話『112』で心肺停止判定AIを試験運用している。通話音声での病状に関する単語や特徴から、心肺停止の有無を識別するニューラルネットワークを構築した。オペレーター単独73%に比べ、AIのサポートにより90%以上の正確さで心肺停止を認識できたという。同システムは欧州の4つの都市に試験範囲を拡大する。 AIが通話の早期に心肺停止を検知すれば、一刻も早い蘇生処置をバイスタンダーに指示できる。システムの誤検知によるリスクに対しては、蘇生処置を躊躇するデメリットが上回ると考えるのが一般的だ。蘇生処置なしで経過した心肺停止は、社会復帰率が1分毎に7-10%程度、急速に低下するといわれる。欧州や米国と比較し社会復帰率の低さが課題とされる日本でも、公的インフラへのAI応用の参考例となるだろう。

路上の心停止患者を救うAIアルゴリズム

スペインの多施設共同研究チームは、致死性不整脈を心電図波形から捉える新しいAIアルゴリズムを開発した。AEDへの搭載により、病院外での心停止症例に対し、より適切な除細動判定を行える可能性がある。 オープンアクセスジャーナル・PLoS ONEにて今週公開されたチームの論文によると、新しいアルゴリズムは従来の畳み込みニューラルネットワーク(CNN)単独ではなく、長短期記憶(LSTM)ネットワークを複合させた深層学習アーキテクチャにより構築されたという。得られた識別器は従来の精度を大幅に上回っており、米国心臓協会(AHA)がAEDに求める「除細動実施のための正確性基準」を十分に満たしているとのこと。 病院外での心停止発生率の世界平均は、1年間で10万人あたり55例と必ずしも稀なものではない(参考論文)。先進国を中心に市街地へのAED普及が進んでいるが、そのデバイスは正確な心電図波形の評価と除細動判定を行えることが、自明の前提として置かれている。高い精度を求める同種のアルゴリズム開発は、今後も積極的に進んでいくに違いない。

PEOPLE

LIFE

DESIGN

216,747ファンいいね
66,203フォロワーフォロー
23,175購読者購読

LATEST VIDEOS

TECH POPULAR

TRAVEL

脳内血流を機械学習し「頭の良さ」を測るAI開発

カルフォルニア工科大学(Caltech)は、脳内の血流の動きから、頭の良さを測るAIを開発した。 同AIは、脳内を観察できる装置「functional magnetic resonance imaging (fMRI)」を使って血液の流れを見る。これにより、ウソをついていることや、何も考えてないことなど、人間の思考状態を理解できるとう。 同研究チームは、fMRIで測定した「頭の良さ」に関する900人のデータを元に機械学習を実施。頭の良さを測るアルゴリズムを開発した。 今後は、このアルゴリズムを発展させ、「頭の良さ」だけではなく、「性格」などについても判定できるようにしたいという。 参考文献: Caltech Scientists Can Predict Intelligence from Brain Scans