MOST POPULAR

Innersight Labs – AIによる3Dモデルで外科医をサポート

英King's College LondonはAIホスピタル構想を強力に推進し、London Medical Imaging and AI Centre for Value Based Healthcareでは、国民保健サービス(NHS)との連携により医療画像を中心とした多彩なAI研究を展開する。同センターとパートナーシップを締結し技術提供を行うInnersight Labsは、独自の3D解剖モデルによって外科医の手術支援を行っている。 King's College Londonの6日付ニュースリリースによると、Innersight Labsが開発したInnersight3Dは、CTおよびMRI画像からインタラクティブな3D解剖モデルを構築できるAIソフトウェアで、既に複数の臨床導入を実現しているという。実際の構築済み3Dモデルはこちらから参照できる。サンプルは腎臓周囲の構造を示すが、血管走行や臓器間の位置関係などをあらゆる方向から観察することができ、事前の手術計画をより詳細かつ効率的に立案できることが分かる。 Innersight Labs CEOのEoin Hyde氏は「新型コロナウイルス感染症による危機拡大により、一部のがん手術は数ヶ月単位で延期され、この期間に腫瘍サイズは2倍になる可能性さえある。この深刻な遅れは手術の複雑化をきたし得るが、Innersight3Dは外科チームの行う手術治療を最適化するための豊富な情報を与え、困難を克服する手助けとなる」とし、COVID-19によってもたらされた「preventable deaths」(防ぐことのできる死)への現実的な対抗策ともなることを強調する。

Innersight Labs – AIによる3Dモデルで外科医をサポート

英King's College LondonはAIホスピタル構想を強力に推進し、London Medical Imaging and AI Centre for Value Based Healthcareでは、国民保健サービス(NHS)との連携により医療画像を中心とした多彩なAI研究を展開する。同センターとパートナーシップを締結し技術提供を行うInnersight Labsは、独自の3D解剖モデルによって外科医の手術支援を行っている。 King's College Londonの6日付ニュースリリースによると、Innersight Labsが開発したInnersight3Dは、CTおよびMRI画像からインタラクティブな3D解剖モデルを構築できるAIソフトウェアで、既に複数の臨床導入を実現しているという。実際の構築済み3Dモデルはこちらから参照できる。サンプルは腎臓周囲の構造を示すが、血管走行や臓器間の位置関係などをあらゆる方向から観察することができ、事前の手術計画をより詳細かつ効率的に立案できることが分かる。 Innersight Labs CEOのEoin Hyde氏は「新型コロナウイルス感染症による危機拡大により、一部のがん手術は数ヶ月単位で延期され、この期間に腫瘍サイズは2倍になる可能性さえある。この深刻な遅れは手術の複雑化をきたし得るが、Innersight3Dは外科チームの行う手術治療を最適化するための豊富な情報を与え、困難を克服する手助けとなる」とし、COVID-19によってもたらされた「preventable deaths」(防ぐことのできる死)への現実的な対抗策ともなることを強調する。

アフターコロナの英国眼科検診はAIスクリーニング「EyeArt」でコスト削減へ

英国NHSでは糖尿病患者の網膜症をスクリーニングするため、年1回の眼科検診プログラム(DESP: Diabetic Eye Screening Programme)が設置されている。DESPではAIソフトウェアによる自動網膜画像解析システム(ARIAS: automated retinal image analysis systems)のひとつ「EyeArt」の評価が行われ、研究成果は学術誌 British Journal of Ophthalmologyに発表された。 EyeArtの開発元Eyenuk社のプレスリリースによると、同社の技術によってDESPに関わる人間の作業量は半減し、英国内で年間数百万〜1千万ポンド以上のコスト削減が見込めるという。網膜損傷の自動検出は、専門家への紹介が必要なレベルで95.7%の精度、視力低下につながるような重篤なレベルでは100%の精度をうたう。スクリーニング検査の大半は異常の兆候なし・追加処置不要となり、人間の評価者が診断するべき画像の数は、十分安全な範囲として全体の半数に削減可能であると研究成果から示された。 英国ではCOVID-19拡大に伴うロックダウンの影響から、眼科検診予約の未処理・積み残しが多数発生している。そのような過剰負荷となっている医療システムの正常回復へ、EyeArtのようなARIAS技術の貢献が期待されている。医療資源の不足が問題とされる諸国においても、視力低下を回避するための糖尿病患者の眼疾患スクリーニングの重要性は増しており、英国型のプログラムが世界に展開された場合、2030年には年間20億万枚の画像チェックが自動化される試算がなされている。

PEOPLE

LIFE

DESIGN

226,351ファンいいね
67,905フォロワーフォロー
32,600購読者購読

LATEST VIDEOS

TECH POPULAR

TRAVEL

マイクロソフト AI創薬におけるノバルティスとのパートナーシップを発表

米マイクロソフトは1日、AI創薬分野においてスイスの製薬大手ノバルティスと提携することを発表した。これに伴い、ノバルティスは新しいAI研究所を創設した上で、同社開発事業へのAI活用を急速に進める。 Microsoft News Centerの公表によると、この提携は複数年を見込み、共同研究事業をスイスのノバルティス本社、アイルランドのNovartis Global Service Center、英国のMicrosoft Research Labを中心に行うという。当初は3つの分野、1.加齢黄斑変性の個別化治療、2.遺伝子細胞治療、3.薬剤設計を取り扱う予定。 マイクロソフトCEOのSatya Nadella氏は「我々の戦略的提携関係は、ノバルティスの持つライフサイエンスへの高度専門性とマイクロソフトが誇るAIテクノロジーを融合させるものだ」とし、ヘルスケア領域、特に薬剤開発へのAI活用の優位性を強調する。