アルツハイマー病を予測するAI

認知症の6-7割を占めるといわれるアルツハイマー病は、高齢化にともない罹患数増加が著しい。米国においても580万人がこの疾患とつきあっており、2050年には1400万人近くに達すると推定されている。

より早期の正確な診断が予後に大きく影響するが、AIの活用も模索されている。HPC wireが報じたところによると、カナダのマギル大学のグループがアルツハイマー病と認知機能低下を予測するAIアルゴリズムを開発した。MRI検査、遺伝学的検査、臨床データから学習したアルゴリズムは、今後5年間でのアルツハイマー病に向けた悪化の可能性を予測する。オープンジャーナルPLOS Computational Biologyに研究成果が報告されている。

アルツハイマー病では、個人と家族への影響はもちろんのこと、社会的なコスト増も課題となる。2019年にはその他のタイプの認知症も含め2900億ドルの負担と推定、2050年には1.1兆ドルに上昇する可能性がある。治療方法が限定されている現状では、病気の初期段階を遅らせる予防効果への取り組みが進められ、AIによる予測が社会全体の負担を軽減することも期待されている。

前の記事AIで自殺を防ぐ – 自殺企図スクリーニングアルゴリズム
次の記事中国上海 – 受診患者の待ち時間を大幅に減らすAIシステムを導入
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。