半導体からCTスキャン「Nano-X」 – X線装置に革新を起こせるか?

Photo by iStock

イスラエル発祥のスタートアップ「Nano-X」は、金属フィラメントの代わりに半導体を使用してX線を発生させる画像装置の開発を行っている。19世期のX線発見以来、基礎的な技術が変わらなかった産業に対して、Nano-Xは変革を起こそうとしている。

Bloombergが報じたところによると、Nano-Xは先月8月のNasdaq上場で約20億ドル規模の企業価値が付けられている。Nano-Xによると、半導体から放射線を発生させる技術によって、画像撮影の際の放射線量が低減されるとともに、従来の大型冷却システムなどが不要となり装置が小型化され、製造コストも数分の一に抑えられるという。同社の技術は、ハイエンドのCTスキャンへの利用ではなく、大がかりな装置を購入する余裕がない小規模医療施設における、骨折や出血などの評価が対象と予想されている。また、高速無線接続によって救急車やヘリコプター内での画像スキャンを実現できる可能性もある。

Nano-Xへの期待が先行する一方で、その技術に懐疑的な意見も少なくない。現在まで装置に対する規制当局からの承認はいずれの市場でも得られていない。米FDAに対しても承認申請が提出されたものの、承認プロセスにはさらに数ヶ月かかるとの予想がある。MASSDEVICEの報道によると、Nano-Xには富士フイルム、中国 Foxconn、韓国 SK Telecomらが出資しており、ユニットの生産・供給や無線接続の支援にあたるとみられている。果たしてNano-XはX線装置に世紀の革新を起こすことができるだろうか。

前の記事CheXaid – HIV患者における結核診断支援AI
次の記事肝細胞がんに対する「機械学習ベースの臨床的意思決定支援システム」
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。