AIによる病気診断システムを日本に導入

Photo by iStock

日本の丸紅株式会社が、AIを利用した医療機器開発を手掛けるEnlitic社と協定を結び、投資を行ったことがわかった。今回の協定の目的は、Enlitic社がAIの深層学習を駆使して開発した診断システムの精度を向上させ、日本の市場に売り込むことだという。

COMPELOによると、Enlitic社が開発した診断システムは悪性腫瘍の診断において医師を手助けするもので、特に誤診のケースが多いと言われる胸部X線検査について、従来の方法よりも迅速で正確な診断を下すことができるという。今回の協定について丸紅株式会社は、高齢化が進んでいる日本では、病院などの医療施設に大きな負担がかかっているという現状があり、Enlitic社のAIシステムを導入することで、医師の負担を軽減するのが狙いであると説明している。また、協定締結後の研究では、CTスキャンやマンモグラフィーにおける検査結果を用いた診断も行えるように改良を重ねるという。

Medical Devicesによると、丸紅株式会社はこのAIシステムをさらに発展させ、オンラインで病気の診断を行うシステムの開発も検討しているという。オンラインでの診断が可能になれば、医療施設が少ない地域に住んでいる人々の健康を管理しやすくなり、さらに住みやすい環境を構築できるようになると言えるだろう。