無反応な脳損傷患者の活動はAIだけが知っている?

脳に損傷を受けた患者が、指示に無反応であっても、脳だけが活動している場合がある。思考と運動の解離(cognitive motor dissociation)として知られるその状態を、機械学習アルゴリズムで脳波から見つけ出し、回復の見込みについて検討した研究が、2019年6月27日にNew England Journal of Medicineに報告された。

米メディアDocWire Newsによると、コロンビア大学とニューヨーク大学の共同チームが、「手を動かせ」という指示に無反応な脳損傷患者104名の脳波記録に機械学習を応用した。16名に脳の活動がみられ、8名(50%)が退院前には指示に従うことができるレベルに回復した。脳の活動がみられなかった88名は23名(26%)が回復。1年が経ったあと、「日中に8時間自立して過ごせる」程度までの回復で比較すると、脳活動あり7名/16名(44%)と脳活動なし12名/84名(14%)であった。

この研究から、脳損傷の初期で昏睡状態にみえる患者の脳活動を正しく調べ、将来的な回復の見込みをある程度予想できる可能性が示された。中国発の「昏睡からの回復を予測するAI(過去記事)」と比較してみるのも興味深い。

前の記事スタンフォード大学 – 脳画像読影へのAIサポートの有効性
次の記事脳波でロボットアームを操作 – 四肢麻痺患者を救うAI技術
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。