IBM – がんと闘うAI 三種の神器をオープンソース化 – ISMB/ECCB 2019より

Photo by iStock

テック企業の巨人であるIBMは、医療AIのがん分野で、業界を高みへ導く環境づくりを行なっている。IBMのプレスリリースによると、スイスで2019年7月に同時開催された2つの学術会議ECCB: European Conference on Computational Biology(計算生物学の欧州会議)およびISMB: Intelligent Systems for Molecular Biology(分子生物学向けインテリジェンスシステム)で、三種のAIプロジェクトをオープンソースとして発表した。

まずひとつ目はPaccMann(あのパックマンを意識?)で、ディープラーニングによって化合物の抗がん剤としての可能性を予測。医薬品開発の合理化に大きな役割を果たす。次にIntERAcT、医学雑誌から重要な最新情報を自動で解析する。特にタンパク質間相互作用といわれる、単体ではなく複数で機能を果たすタンパク質の仕組みを解析し、がん治療と創薬の理解に必要な多大な労力を削減する。そして最後に紹介されるのがPIMKL、がんの組織サンプルの分子データから患者を分類・個別化する。より効率的な治療を計画する助けとなる。

これらは三種の神器とも呼べそうな、ビッグプロジェクトの集体である。オープンソースとすることは、分野を主導するIBMの強い意志がうかがえる。「ソースコードを多くの研究者が利用して、潜在的な可能性が最大限になることを望む」とIBMからは声明が出されている。

前の記事中国のメンタルヘルスケア – 流行の最先端はVR療法
次の記事巨大な金塊に腰掛ける英国 – NHSが保有する患者データは年100億ポンドの市場価値
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。