巨大な金塊に腰掛ける英国 – NHSが保有する患者データは年100億ポンドの市場価値

Photo by iStock

英国は日本と同じく、国民全員が保健医療サービスを享受するユニバーサルヘルスケア(国民皆保険)を達成している。幅広いリスクに単一の制度で対応する英国国民保険においては、多数が乱立する日本とは異なり、支払者もまた単一であるという大きな特徴を持つ。このことは、英国民保健サービス(NHS)が、非常に大量かつ高度の医療関連情報を集約的に保有することを意味する。

ロンドンを本拠とする世界的会計事務所Ernst & Young(EY)が公表したレポートによると、NHSが保有する患者データはおよそ年100億ポンド(約1兆3300億円相当 – 為替レートは今日現在)の市場価値を持つという。患者個人情報の保護がNHSにとって最大級と言える懸念点で、一部のデータ共有は学術的研究目的などに限定して進められてきた。

NHSの患者データには、5500万人分のプライマリケアデータ、2300万の単回受診記録、がん患者や希少疾患患者など10万名分のDNAデータなどが含まれている。巨大な金塊に腰掛ける英国は、それが世界にも類を見ない輝きを放つものであることにもちろん気付いている。患者データの電子化を急速に進める一方、データ共有ポリシーに対する議論も大きい。AI時代のヘルスケア革命はビッグデータ保有者から起こる可能性が高く、英国の挙動には大きな注目が集まる。

前の記事IBM – がんと闘うAI 三種の神器をオープンソース化 – ISMB/ECCB 2019より
次の記事AIを利用したMRI高速化 – ニューヨーク大学とFacebookが共同研究
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。