顔の3D画像から睡眠時無呼吸症候群を識別するAIアルゴリズム

Photo by iStock

オーストラリアにおける医療システムでは、睡眠障害が年間50億ドルのコスト負担につながっており、その半分以上が睡眠時無呼吸症候群に関連したものとされる。睡眠時無呼吸症候群は単に睡眠障害を惹起するだけではなく、糖尿病や心血管疾患、うつ病などとの関連も指摘されており、疾患管理の重要性を高めている。西オーストラリア大学(UWA)の研究チームは、機械学習アルゴリズムを利用し、人の三次元顔画像から睡眠時無呼吸症候群の存在を識別するシステムを開発した。

Healthcare IT Newsが27日報じたところによると、三次元顔画像から得られるランドマーク間の2点距離群を機械学習アルゴリズムに学習させ、睡眠時無呼吸症候群を持つ患者とコントロールの健常者との識別を行わせたという。学習済みアルゴリズムは91%の正確性で両者を識別できるようになった。

研究を率いたUWAコンピュータサイエンス・ソフトウェアエンジニアリングのSyed Zulqarnain Gilani博士は「アルゴリズム構築の上で最も大きな課題は、どのようにデータを収集するかだった」と話す。チームは2016年初頭から睡眠時無呼吸症候群を有する患者のデータを収集するとともに、コントロールとして、疾患を持たない一般集団から三次元顔画像を集めており、その労苦は非常に大きいものだったとのこと。チームは今後、学習データの規模を大きくして精度を高めるとともに、安価で容易に利用できるシステムの開発を目指すという。

前の記事心電図で健康寿命がわかる時代へ – 生理的年齢をAIが解析
次の記事AIがわかる病院リーダーはわずか半数 – Oliveの米国内調査
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。