AIがわかる病院リーダーはわずか半数 – Oliveの米国内調査

医療分野でAI技術を評価できる人材の重要性(過去記事)はあらゆる場面で繰り返し提唱されている。では実際のところ病院を率いるリーダーはAIに対してどのように向き合っているだろうか。米国AI関連企業のOliveが全米115名の病院責任者・役員に調査したところ、AIあるいは類似概念RPA: Robotic Process Automationについてよくわかっていたのはわずか半数であった。

Health IT Analyticsの報道では、リーダーの半数以上がAI/RPAの提供会社や解決手法を自ら指名することができておらず、AIに対する理解が意思決定に大きな影響を与えていることが解説されている。また、同分野に投資しようとしているリーダーは全体の23%、そのうち半数が導入予定時期を2021年までとしている。米国でも全体として医療業界はAI導入の初期段階にあることが示唆された。

米国に限らず、今回のAIブームをきっかけに新しく取り組む医療関係者は目に見えて増えた。一方、保守的な姿勢を続ける人との二極化は進む印象がある。もちろん、医療におけるAI活用の難しさは過熱したブームの後を追う形で指摘が続いている。きちんとした科学的検証をせずに先端技術に飛びつくのは賢明とは言えないだろう。しかし、よく理解した上で懐疑的で慎重になることと、知ろうとしないこととの間には深い断絶がある。果たして日本における病院のリーダー達はどうだろうか?

前の記事顔の3D画像から睡眠時無呼吸症候群を識別するAIアルゴリズム
次の記事内視鏡検査をAIがサポート – 日本発ベンチャーの取り組み
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。