従業員の64%が上司よりロボットを信頼する世界 – AI at Work オラクルの調査

AIが職場における人々とテクノロジーの関係性をいかに変えているか。以前にはフィリップスの Future Health Index というAI医療利用の世界的な調査を紹介した(過去記事)。

2019年10月、米大手ソフトウェア企業のOracleが発表した AI at Work では、従業員の64%がマネージャーよりもAIおよびロボットに信頼を寄せるという結果を示した。人材管理などを専門とする企業 Future Workplace と共同で行った調査は、10か国8,370名の従業員・マネージャー・人事リーダーを対象に行われた。全体平均64%に対して、インド(89%)や中国(88%)は極めて高いロボットへの信頼であり、日本も76%で平均を上回る。

ロボットがマネージャーより優れていると感じる項目については、情報提供の公平さ(26%)、作業スケジュール管理(34%)、問題解決力(29%)、予算管理(26%)という内訳であった。

一方で、マネージャーがロボットより優れていることについては、感情の理解(45%)、コーチング(33%)、職場のカルチャーを生み出すこと(29%)となる。

Oracleの担当者 Emily Heは「過去2年間と比較して、労働者が職場にAIが採用されることやAIが人材管理を行うことに対して楽観的になってきていることがわかってきました。AI主導型の職場における、管理職の役割が再定義されようとしています」と語った。

前の記事Ambient Clinical Intelligence – 医師を書類作業から救うAI環境開発
次の記事放射線科医とAIの協調による高精度乳がんスクリーニング
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。