その抗うつ薬はあなたに効くか – AIが予測するうつ病治療効果

米国での抗うつ薬の使用量は約10年で65%増加したという国民健康栄養調査データがある。増加する薬物療法に対して、うつ病の根幹の理解を深め、治療法を評価することがますます重要となってきている。学術誌Nature Biotechnologyに機械学習アルゴリズムでうつ病薬物療法の効果を予測する研究が発表された。

ScienceDailyでは、テキサス大学サウスウェスタンを中心とした同研究について紹介している。300人以上のうつ病患者を対象に、プラセボ群と治療薬SSRI群を無作為割り付けし、脳波データから機械学習アルゴリズムを開発。2ヶ月以内に薬物治療効果が発揮される患者を予測するのを可能にしたという。薬物治療への反応性が疑わしい患者は、心理療法や電気刺激療法で改善する可能性が高いことも示唆されている。

研究グループの精神科医Madhukar Trivedi氏によると「どの治療法がどの患者に適しているか初期段階で特定したほうが良いのではないか」という考えが研究の発端と言う。これまでMRI画像データ解析など様々な治療効果予測方法が研究されてきたなかで、脳波は最も一般的に使用されるツールになるだろうとTrivediは述べている。広く全米でとられている脳波検査データと統合し、開発されたAIインターフェースのFDA承認をプロジェクトは目指している。「抗うつ薬が効くのか」という患者の根本的な不安が解消される日がAIによって一歩近づいたことを感じさせる新研究である。

前の記事中国Neusoft Medical – ケニアへのAI画像診断システム導入
次の記事AIが予測するCOVID-19の3つの重症化因子
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcherを経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。