拡張現実による次世代型インターベンション治療を求めて

インターベンション治療は単純レントゲンや超音波、CTなどを活用し、透視下において体表の小さな傷口から細いカテーテルを通していくことで、直接患部にアプローチする低侵襲治療である。米オハイオ州のバイオテックスタートアップであるMediView社は、3Dホログラムを用いた拡張現実により、インターベンション治療の革新を目指している。

インターベンション治療の専門家会議であるSociety of Interventional Radiologyの2020年度学術集会において、MediViewのパイロット研究が紹介された(COVID-19の流行に伴い会議はバーチャル実施)。米クリーブランドクリニックで進められる本研究では、マルチスライスCTで患者の身体各部に座標マーカーを仮想的に設置した上、MicrosoftのHoloLensと組み合わせた独自のARアプリケーションが活用されている。これにより、「解剖学的構造を正確にセグメント化したホログラム」を直接患者に投影することができるため、術中の視認性は劇的に向上する。本研究では肝腫瘍の経皮的焼灼術において試験されているが、医師は腫瘍位置を正確に見極めて周囲組織と区別できるのみでなく、電磁トラッキングによりアブレーションプローブを含む器具類もホログラム中に視覚化できるため、より効率的で安全な施術の実現が見込まれる。

現時点ではこのテクノロジーは実現可能性を精査している段階であり、パッケージ化したシステムとしては公開されていない。ただし、ARによる視覚補助、VRによる画像再構成は治療手技の質的向上を約束する技術として、次世代型治療を目指した研究計画が多方面に萌出している。

前の記事前立腺がん患者の精神的苦痛をソーシャルメディアから拾い上げるAI研究
次の記事BioSerenity – COVID-19に伴う脳波異常を報告
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。