イヌの血液検査にもAI診断を – 米UC Davisの獣医学応用

動物自身は症状を言語で訴えることはできない。獣医師が日常的に利用する各種検査で、診断の助けとなるAI技術を導入する動きがある。カリフォルニア大学デービス校(UC Davis)の獣医師らは、イヌのアジソン病(副腎皮質ホルモンの機能低下)を血液検査から機械学習アルゴリズムで診断する研究成果を学術誌 Domestic Animal Endocrinologyの2020年7月号に発表している。

米国の獣医学会(AVMA)のニュースリリースでは同研究を紹介しており、UC Davisではイヌの血液検査からアジソン病をAUC99%以上の精度で診断できる機械学習アルゴリズムを開発しているとする。アジソン病のイヌは獣医師にとって診断が難しく、血液検査を行ったとしても、消化器・腎臓・肝臓などの疾患にも解釈できてしまうという。症例経験の乏しい獣医師でもアジソン病のスクリーニングが容易に行えるようになることを研究グループは期待している。

同研究グループのKrystle Reagan博士は、ヒトと同様にイヌも感染するレプトスピラ症の診断にも応用範囲を広げて研究している。UC Davisでは医学・獣医学・看護学など垣根を越えた学術的コラボレーションが可能なデータサイエンスとAIの研究センター(CeDAR: Center for Data Science and Artificial Intelligence Research)が設置されている。これらの研究はイヌの命を救うだけではなく、人間の医療にも橋渡しとなる大きな可能性があり、今後の動向にも注目したい。

前の記事声無き声を聞き分ける – 肝細胞がんの予測モデル
次の記事Agamon – 医療文書を構造化するAI技術
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。