アフターコロナの英国眼科検診はAIスクリーニング「EyeArt」でコスト削減へ

Photo by iStock

英国NHSでは糖尿病患者の網膜症をスクリーニングするため、年1回の眼科検診プログラム(DESP: Diabetic Eye Screening Programme)が設置されている。DESPではAIソフトウェアによる自動網膜画像解析システム(ARIAS: automated retinal image analysis systems)のひとつ「EyeArt」の評価が行われ、研究成果は学術誌 British Journal of Ophthalmologyに発表された。

EyeArtの開発元Eyenuk社のプレスリリースによると、同社の技術によってDESPに関わる人間の作業量は半減し、英国内で年間数百万〜1千万ポンド以上のコスト削減が見込めるという。網膜損傷の自動検出は、専門家への紹介が必要なレベルで95.7%の精度、視力低下につながるような重篤なレベルでは100%の精度をうたう。スクリーニング検査の大半は異常の兆候なし・追加処置不要となり、人間の評価者が診断するべき画像の数は、十分安全な範囲として全体の半数に削減可能であると研究成果から示された。

英国ではCOVID-19拡大に伴うロックダウンの影響から、眼科検診予約の未処理・積み残しが多数発生している。そのような過剰負荷となっている医療システムの正常回復へ、EyeArtのようなARIAS技術の貢献が期待されている。医療資源の不足が問題とされる諸国においても、視力低下を回避するための糖尿病患者の眼疾患スクリーニングの重要性は増しており、英国型のプログラムが世界に展開された場合、2030年には年間20億万枚の画像チェックが自動化される試算がなされている。

前の記事オランダ・アイントホーフェン空港内にCOVID-19検査施設がオープン
次の記事Innersight Labs – AIによる3Dモデルで外科医をサポート
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。