指から血液2滴でCBC 完全血球計算 – イスラエル Sight Diagnostics

完全血球計算(CBC: complete blood count)は現場では通称「血算」と呼称され、赤血球・白血球・血小板数などを計測する、血液検査で最も基本となる項目のひとつである。従来のCBC検査装置よりも小型化され、血液量も指から2滴で算出可能で、数分以内に結果を提供するという検査装置をイスラエルのスタートアップ Sight Diagnosticsが提供している。

silicon canalsではSight Diagnostics社のシリーズDラウンド 6020万ユーロの資金調達について報じ、同社を紹介している。同社の主力製品「Sight OLO」は患者の指から血液を採取し、単分子膜を作成する処理ののち、デジタル顕微鏡で画像が生成される。画像は機械学習アルゴリズムで解析され、従来のラボと同等に19種類のCBC結果を算出する。Sight OLOは月齢3ヶ月以上の小児への使用も認められており、血液検査の困難さが軽減される。

Sight OLOは他の分析装置との差別化として、指から採取した血液で直接CBC検査ができる装置の中、現時点で唯一 FDA 510(k)の認証をクリアしていることをSight Diagnostics社は主張している。現在、世界中の新興企業で新型コロナウイルスのパンデミックと戦うための革新的技術を生み出す努力が続けられており、血液検査データからのアプローチも盛んとなっている。Sight Diagnostics社はイスラエル国内の病院との提携により、COVID-19患者の血液分析で重症度などを解析する研究プログラムも実施中とのことである。

前の記事睡眠が「古い記憶の忘却」を妨げる可能性
次の記事韓国のJLK Inspectionと日本のドクターネット – 遠隔医療へのAI活用で提携
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。