発熱した乳児にその検査と治療は必要か? – 低リスク患児を特定するAIモデル

生後の乳児によく見られる発熱のうち、重篤な細菌感染症は約10%ほどという。医療者はリスクを恐れるため、多くの乳児が腰椎穿刺などの侵襲的な検査を受け、抗菌薬を投与され、不必要な入院をする可能性がある。学術誌 Pediatrics に「教師付き機械学習によって、生後60日齢以下の発熱した乳児の重篤な細菌感染症リスクが低い者を特定する」研究が発表された。

研究を主導した米シカゴにあるAnn & Robert H. Lurie Children’s Hospitalのニュースリリースでは、同研究を紹介している。発熱した乳児の重篤な細菌感染症を特定するため、4種の機械学習アルゴリズムが訓練された結果「ランダムフォレスト」が最も高い特異度74.9%と感度98.6%での識別精度を示した。腰椎穿刺を受けた1,240名の患児のうち、このモデルによって849名(68.5%)が検査を受けずに済む結果となる。

筆頭著者である小児救急医のSriram Ramgopal医師は「救急部では、どの乳児が重篤な細菌感染症かの判断と同時に、低リスクであることの判断も重要です」と語っている。同研究のような優れた感度を保ちながら偽陽性を減らすAIモデルによって、発熱した乳児が従来受けていた過剰なケアを軽減する可能性が拓かれている。

前の記事不確実性への対処 – ディープラーニングの可能性
次の記事コーネル大学 – ゾウリムシサイズの極小ロボットを「歩かせる」ことに成功
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。