脳神経疾患のマッピングを目指すディープラーニングフレームワーク

ジョージア州立大学の研究チームは、精神疾患を含む種々の脳神経疾患が「脳構造とどのように関連するか、時間経過にしたがってどのように機能するか」を明らかとするため、多量の脳画像データから脳障害マッピングを目指すディープラーニングフレームワークの構築に取り組んでいる。

ジョージア州立大学が先週明らかにしたところによると、このプロジェクトは国立衛生研究所(NIH)に属する「国立生物医学イメージング・生物工学研究所」からの4年間・240万ドルに及ぶ資金提供を受けて実施されているという。脳イメージングの進歩は、研究者が多くのデータにアクセスできることを意味するが、モダリティ間の関係やキャプチャデータのタイプは複雑で、疾患の原因や影響を脳構造と結び付けて一元的に評価することは容易ではない。研究者らは「相関関係は多くの場合で線形関係を指すが、仮に強い非線形関係があったとしてもすぐには捉えることはできない。より複雑な関係を検出するため、ディープラーニングが有効となる」とする。

プラットフォーム上で特定疾患のスペクトルにしたがってデータ解析を行うことで、最も関連性の高いモダリティや脳領域を明らかにできる可能性があり、脳神経疾患の診断に利用できるマルチモーダルバイオマーカーの導出も期待されている。

前の記事言葉遣いからアルツハイマー病を高精度に識別するAIツール
次の記事AIモデルで胸部X線画像から12年間の肺がんリスクを評価
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。