医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例中国の医療ポータルサイト「DXY」- Tencentらから5億ドルの資金調達

中国の医療ポータルサイト「DXY」- Tencentらから5億ドルの資金調達

DXY」は中国における医療従事者向けSNSプラットフォームを2000年に開始し、近年では一般消費者向けの医療ポータルサイトとしても成長している。中国人の健康に対する意識の高まりとともにオンラインの医療産業は発展を加速し、プレイヤーの乱立で群雄割拠の状態にあるが、DXYは度重なる豊富な資金調達で頭角を現してきた。

PR Newswireで報じられたDXYのプレスリリースによると、同社は12月28日付で上海拠点のPEファンドTrustbridge Partners主導のもと、Tencent社らから5億ドルの追加資金調達を完了したことを発表している。資金は主に医師を対象としたサービスブランド「DXY.cn」と一般向けサービス「DXY Doctor」の二本柱の事業強化に充てられるという。

COVID-19パンデミック下でDXYのようなオンライン医療プラットフォームが強い成長をみせているのは、日本と同じ様相である。同社をみても中国企業で論点となりがちな個人情報保護に関する取り組みの不透明さは意識せざるを得ない。しかしそのようななかでもDXYのプラットフォームは、COVID-19の世界的データを一般向けにリアルタイムでレポートする機能を率先して導入し、科学知識の普及・風評に対する反論記事・オンライン無料相談会・公開講座など、公共福祉性の高いサービスを提供してきた。そのような新型コロナウイルスとの戦いへの貢献を同社はリリース内であらためて強調している。

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事