MobileODT – 子宮頸がんコルポスコープAI診断のフェムテック

子宮頸がんは20-40歳台を中心とした若年世代女性での罹患を特徴とする。ワクチンによる予防が可能ながんとして、WHOはその罹患と死亡を大きく削減することを目標としてきた。子宮頸がんの検診として子宮頸部を観察するコルポスコピーの感度は50-70%程度といわれ、精度向上にAIを活用する動きがある。

イスラエルのテルアビブを拠点とするMobileODTの20日付けプレスリリースによると、同社が商業化した子宮頸がんに対するAI/機械学習での診断ツール「EVA VisualCheck」の有効性を検証する大規模臨床試験のため、米国国立がん研究所(NCI)から230万ドルの助成金を獲得したことを発表した。ポータブルのスマートコルポスコープによる60秒以内の子宮頸がんAI診断を行う同製品は、2021年に約1万人の被験者を対象として従来の標準的な目視検査法などと比較される。

MobileODTはフェムテック企業としてAI技術で女性の健康管理に革新を起こすことを目指す。同社CEOであるLeon Boston氏は「権威ある助成金を受けとることを光栄に思っており、私たちの技術が女性の健康にもたらす価値が認められたと考えます。今回の試験は子宮頸がんの撲滅を加速させるWHOの世界的戦略に照らしても重要なものになるでしょう」と語っている。

前の記事米Jvion社 – COVID-19ワクチン接種優先順位づけをAIが支援
次の記事バイタルサインからCOVID-19と季節性インフルエンザを識別するAIアルゴリズム
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。