SNS上でのCOVID-19陰謀論の進化を追跡するAI研究

COVID-19に関する荒唐無稽な「陰謀論」がSNSによって発信・拡散されることは、公衆衛生上の大きな問題がある。米ロスアラモス国立研究所のグループによって、「SNS上でのCOVID-19陰謀論の進化を追跡するAI研究」が発表されている。

ロスアラモス国立研究所のニュースリリースでは、学術誌 Journal of Medical Internet Researchに発表された「4つの代表的なCOVID-19陰謀論をTwitterから解析する機械学習モデル」が紹介されている。その4つの陰謀論は、「5G電波塔がウイルスを拡散させた」「ビル&メリンダ・ゲイツ財団がCOVID-19を設計または何らかの悪意を持っている」「ウイルスはバイオエンジニアリングまたは実験室で開発された」「COVID-19ワクチンはまだ開発中の危険なものである」といったものである。同研究では2020年1月から5月までのCOVID-19関連ツイート1.2億件から180万件までフィルタリングし、そこからランダムフォレストによる機械学習モデルで上記4種の陰謀論ツイートを特定した。それらを分析したところ、ツイートは否定的な感情を多く含んでおり、陰謀論は時間の経過とともに進化し、無関係な陰謀論あるいは現実の出来事の詳細部分を取り込んでいくことが示された。

陰謀論に取り込まれた現実の一例として、ビル・ゲイツ氏が資金提供した「予防接種記録に使えるという注射可能なインクの開発研究」があった。その話題が2020年3月に紹介された直後から、人口管理のため、COVID-19ワクチンを密かにマイクロチップ的に利用している、といった反ワクチン陰謀論の単語が見られ始めたという。論文の筆頭著者であるShelley氏は「公衆衛生担当者にとって、事実に基づいた広報活動で陰謀論に対抗する手段を戦略的に考えるため、陰謀論がどのように進化し支持を得ているか知ることが重要となります」と語っている。

前の記事Hyfe – 咳のトラッキングでデジタルヘルスの未来を開拓
次の記事リハへのAI活用 – 脳卒中患者における下肢装具の必要性を予測
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。