Hyfe – 咳のトラッキングでデジタルヘルスの未来を開拓

咳は病気の症状として重要で、含まれている医学的な情報は多岐にわたる。咳の情報に焦点をあて、音響疫学(acoustic epidemiology)という新たな分野を開拓し、咳のデータを収集・解析するAIプラットフォームを提供する「Hyfe」という企業がある。

Business Leaderには、HyfeのCEOであるJoe Brew氏のインタビューが掲載されている。同社は一般ユーザー向けに咳をトラッキングするスマホアプリ「Hyfe Cough Tracker」をApp StoreGoogle Playで提供している。一方、研究者向けにはHyfe Researchというアプリと、Hyfe Screeningというウェブサイトを提供し、そこで研究に必要なデータセットを共有する。スマホアプリ上では、爆発的で短い突然の音のピークを検出し、ユーザーのプライバシー保護と通信帯域幅の節約目的から、0.5秒以下のピーク音のみを記録していく。サーバー上へ安全に送信されたデータは、機械学習モデルで、咳、くしゃみ、その他の音のように分類され、そこから疾患別の分類など下流のアルゴリズムが実行される(疾患分類モデルは現在未公開)。

現在、一般ユーザーが体験できるのは咳の頻度の数値化、いわゆる「Fitbitスタイル」で咳の回数や時系列をダッシュボードに載せ、咳の音声データ再生や、データを医師や友人と共有することである。Brew氏は「自身の咳の量を正確に把握している人はいない」として、まずはこの情報だけでも健康管理に役立つことを強調する。研究者向けにはデータ集計・分析の専用ダッシュボードが用意され、研究への活用例は無数にあると同氏は期待している。

Hyfe社の立ち上げと事業の加速にはCOVID-19のパンデミックが背景にあり、将来的には新興感染症アウトブレイクにおける初期段階の検出や、結核のパンデミック監視などでの利用も想定している。Brew氏は「洗練された最先端のテクノロジーがSNSのクリック率を高めている一方で、ヘルスケアのインターフェースがいまだに紙とペンのようなプロセスに頼っている事実を憂いてきた」と、Hyfeのアイデアを生んだ思いを語っている。

関連記事:

  1. 周囲の咳の音から感染症アウトブレイクを監視 – ポータブルAIデバイス FluSense
  2. 咳を出させて無症状のCOVID-19感染患者を識別するAI – MITが発表

前の記事造血幹細胞移植のレシピエントにおける「敗血症発生」を予測する機械学習モデル
次の記事SNS上でのCOVID-19陰謀論の進化を追跡するAI研究
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。