インテル IoT プラネット – Healthcare Day

インテル IoT プラネット – AI Park 2021 –」は、昨年公開されたオンラインテーマパークである「インテル AI パーク」を進化させ(過去記事 )、エッジからクラウドまで多種多様な企業・団体による最新のIoTやAIソリューションを集結させた、インテルによる新しいバーチャル・イベント・スペースだ。このなかで来たる7月28日(水)、期間限定イベントの第3弾にあたる「Healthcare Day」が開催される。

「ポストCOVID-19を見据えた医療機関のDX」をテーマに据え、インテルコーポレーションのヘルスケア・ライフサイエンス部門担当者による基調講演や、パートナー企業によるセッションの他、特別講演として医療分野の月刊誌・オンラインメディア等を運営する株式会社インナービジョンで編集長を務める三橋信宏氏が登壇し、日本の医療・ヘルスケア業界のこれからの姿を紐解く。

参加費は無料のオンライン開催で、事前にインテル IoT プラネットへ登録することでイベントへの参加が可能となる。

インテル IoT プラネットへ (事前登録制)

 

アジェンダ(2021年7月28日 13:00 〜 14:35)

前の記事感じることのできる「義手」
次の記事医療費請求の効率化 – 元Amazon&Microsoftのチームによる新規AIスタートアップ
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。