医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究LUCID社 -「音楽を薬に変える」AIツール開発

LUCID社 -「音楽を薬に変える」AIツール開発

音楽によって心身の健康状態を改善する「音楽療法」という、代替医療のアプローチがある。音楽療法の効果には未解明な部分もある一方、AI技術の進歩とともに応用の可能性が高まっている。カナダのLUCID社は、AI技術によって個人に最適な音楽的介入を予測し、メンタルヘルスの改善効果を示す音楽療法ツールを開発している。

LUCIDでは、音楽と聴覚への刺激が不安症状に及ぼす効果について臨床試験を行い、最新の研究成果をPLOS ONEで公開している。同研究では不安障害に抗不安薬を服用している参加者163名を対象に、音楽とABS(4-8Hzのシータ波を基調とした聴覚へのビート刺激)併用、音楽単独、ABS単独、対照群(無音条件と同等で、プラセボ効果を抑制する1/fゆらぎを持つピンクノイズ)に無作為割り付けし、1回24分間の治療セッションを経た不安軽減効果を検証した。その結果、音楽およびABSによる介入は不安症状に有意な低減効果を示し、特に中等度の不安を有する参加者に対して音楽・ABS併用が効果的であった。

LUCIDは、楽曲を定量的な音楽的特徴に分解し、深層強化学習によって楽曲がリスナーに与える影響を予測する技術の開発を継続する。メンタルヘルス領域では、ケアに対する良好なアクセスと親しみやすさが重要事項となる。多くの人々が気軽に音楽ストリーミングサービスを利用する状況の延長線上には、同社の「音楽を薬に変える」ミッションが注目されている。

関連記事:

  1. デジタルツールによるメンタルヘルスの改善
  2. メンタルヘルスケアにAIを用いるスタートアップ5選
  3. HealthRhythms社 – AI活用の予測型メンタルヘルスプラットフォーム

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事