医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究AIモデルトレーニング用の「医療面接データセット」

AIモデルトレーニング用の「医療面接データセット」

カナダ・ウェスタン大学の研究チームは、AIモデル構築のためのトレーニングデータとなる「医療面接データセット」を開発し、公開した。臨床現場における臨床医と患者の会話をシミュレートしたもので、特に呼吸器系の症状に焦点が当てられている。

医療面接は臨床的価値の高い情報が多く含まれ、医療AI研究および開発に重要な役割を果たすが、患者プライバシーへの懸念やデータ共有に関する各国の規制によって、容易には公開データセットを構築できない現実がある。Scientific Dataからこのほど公開されたチームの研究論文によると、これらの制約をクリアするため、実際の患者情報を用いない「医療会話のシミュレーションデータセット」を開発したとする。プロジェクトでは、各科研修医と医学生がOSCE形式で行った医療面接を記録することから始めた。録音された会話音声には、余分な情報を取り除くためのクリーニングを行った後、書き起こしの記録文章とセットで保存した。また、データ生成プロセスでは、品質管理のための評価アプローチを繰り返し適用し、結果的にMP3形式の音声ファイル、およびこれに対応するテキストファイル、272セットを構築した。

チームは、症状抽出や疾病分類など、テキストベースの医療AI開発への活用を呼びかけている。また、医学生のOSCE訓練用アバターの構築にも役立つ可能性があるとして、教育目的利用の価値を強調している。

関連記事:

  1. Nightingale Open Science – 無償利用可能な「AI開発向け大規模医学データベース」
  2. 唾液タンパク質データベースが個別化医療を変革する
  3. EU – 欧州最大の病理画像データベース構築へ

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事