医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究潰瘍性大腸炎の活動性を評価するAI研究

潰瘍性大腸炎の活動性を評価するAI研究

潰瘍性大腸炎(UC: ulcerative colitis)は潰瘍やびらんが多発する炎症性腸疾患で、下痢や腹痛といった症状の寛解と再燃を繰り返す。UCの活動性を評価するためには、大腸の組織を生検し病理学的に評価するが、そのスコアリングでは観察者間でバラつきが大きいという課題がある。英バーミンガム大学の研究チームは、大腸内視鏡検査で採取した生検検体を読み取るAI診断ツールを開発している。

Gastroenterologyに発表された同研究では、デジタル化した生検標本535枚(273名)を用い、UCの活動性を評価するニューラルネットワーク分類器をトレーニングした。既存3種の病理学的評価指標(PHRI、RHI、NHI)に従ってシステムの感度・特異度を検証したところ、感度89%・特異度85%(PHRI)、94%・76%(RHI)、89%・79%(NHI)という精度でUCの活動期と寛解期を識別することができた。

著者でバーミンガム大学のMarietta Iacucci氏は「ヘルスケアにおけるAIの力を、この研究は証明している。活動性の予測が難しいUCという疾患に対し、診断作業をより迅速かつ正確に行う機械学習由来のシステムは、ゲームチェンジャーとなり得る」と語っており、日常臨床や臨床試験における組織学的評価の迅速化・標準化の可能性を指摘する。

参照論文:

Artificial Intelligence enabled histological prediction of remission or activity and clinical outcomes in ulcerative colitis

関連記事:

  1. マイクロバイオームに基づくマルチクラス診断モデル
  2. 炎症性腸疾患の分類を糞便のみで行うAI研究
  3. クローン病の治療反応性を予測する機械学習モデル

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事