医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究ChatGPTが「肝硬変・肝細胞がん患者のヘルスリテラシー」を向上させるか?

ChatGPTが「肝硬変・肝細胞がん患者のヘルスリテラシー」を向上させるか?

ChatGPTに代表される大規模言語モデルは、診療レポート作成の省力化や、医学系の試験問題に高い正答率を示すなど、医療とAIとの関係性を変革しつつある。米シダーズ=サイナイの研究チームは「ChatGPTの回答性能が肝硬変・肝細胞がん患者のヘルスリテラシーを高める可能性」について研究している。

Clinical and Molecular Hepatologyに発表された同研究では、ChatGPTに対して肝硬変・肝細胞がんに関する5つのカテゴリー(基礎知識・診断・治療・生活習慣・予防医学)について164の典型的な質問を提示し、その回答内容を2人の肝移植専門医が採点した。その結果、ChatGPTは質問の約77%(肝硬変79.1%・肝細胞がん74.0%)に正解し、91の質問に高精度な回答を示していた。特に基礎知識・治療・生活習慣のカテゴリーについては、回答の75%以上が「Comprehensive(包括的)」「Correct but inadequate(正しいが不十分)」と評価され、ChatGPTが比較的得意とする回答領域が明らかにされている。

一方で、ChatGPTは肝細胞がんのスクリーニング基準や、地域ごとのガイドラインの差異のように、質問者の居住地域に応じたテーラーメイド型のアドバイスでは苦戦する傾向にあると、その限界についても考察されている。研究チームでは、肝硬変・肝細胞がん患者の満たされないニーズに対して、ChatGPTが共感的で実用的なアドバイスを提供するような将来性に期待している。

参照論文:

Assessing the performance of ChatGPT in answering questions regarding cirrhosis and hepatocellular carcinoma

関連記事:

  1. 退院サマリーから肝硬変患者を識別
  2. 微生物学問題に対するChatGPTの回答能力
  3. ChatGPTは感染症治療の意思決定を支援できるか?

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事