IXICO 英政府主導のAIセンターと提携へ

Photo by iStock

英ヘルステックIXICOは、ロンドンに開設される新しいヘルスAIセンターと提携することを公表した。同センターは英政府主導による医療画像解析を軸とした研究機関で、英国国民保健サービス(NHS)が保有する患者データを利用し、臨床的に有用性の高いAIアルゴリズムの構築を目指す。

英メディアProactive Investorsの報道によると、同センターへの積極的な技術提供を通じ、認知症・心疾患・がんといった疾患群での診断・治療水準の向上に貢献するAI開発に関わるという。IXICO・CEOのGiulio Cerroni氏は「このセンターの一員として選ばれたことをとても嬉しく思う」と話すとともに、同社の企業価値を高めてきたAI技術に強い自信を示している。

英国はヘルスケアにおけるAI開発を積極的に進め、企業やアカデミアを取り込んだ技術開発にも意欲的に取り組んでいる。NHSでは、電子カルテのデータベース化を早期から実現しており、AI開発への積極利用も見込まれている。1日、英Morningstarは、既にIXICOの株価上昇も報じている。

前の記事糖尿病患者の呼気から血糖変化を捉えるAIデバイス
次の記事ヘルスケアAIは15.7兆ドルの経済影響を及ぼす
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。