米スタートアップ・Lytic AIチャットボットで躍進

Photo by iStock

スマートフォンでチャットボットと簡単なやり取りをするだけで、現在自覚している症状の重症度と適切な対応方法を知ることができる。そんなアプリを実用化し、注目を集めているスタートアップがある。

米シカゴに本拠を置くスタートアップ・Lyticは、チャットボット技術を利用した革新的なヘルスケアプラットフォームの構築を通し、ヘルスケアコストの大幅削減を目指している。同社のClearstepと呼ばれるAIチャットボットアプリは、Health Navigatorの大規模データベースから得られたアルゴリズムを用い、98%の正確性で重症度分類を行うことができるという。

近年の自然言語処理技術向上は目覚ましく、ヘルスケア分野への活用も急速に進んでいる。Chicago Innoの報道によると、Lyticは、米Advocate Aurora Healthが主催するHealth Tech Venture Challengeで優勝しており、1万ドルの優勝賞金とともに同社との提携権も得ているという。CEO・Adeel Malik氏も話すように、まさにLyticの挑戦は始まったばかりだ。

前の記事豪スタートアップ ResApp Health社 睡眠時無呼吸を診断するAIアプリを開発
次の記事AIによる創薬 – 合成経路の自動探索技術
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。