イーロン・マスクはAIとの共存を選んだ – Neuralink 脳とコンピュータをつなぐ新技術で臨床試験を申請

Photo by iStock

革新的な起業家であるイーロン・マスク氏は、かねてよりAI脅威論を提唱する姿勢を強めていた。彼の立ち上げた企業のひとつNeuralink社が2年の開発期間を経て、17日に詳細を発表したのが、脳とコンピュータをつなぐ新システムである。ニュースは瞬く間に駆け巡り、イーロン・マスク氏ならではのビジョン、ヒトの知能を拡張することでAIに対抗あるいは共存する未来像が現実のものとなりつつあることに、世界中が衝撃を受けた。

速報のひとつとしてThe New York Timesでは、同社の発表をBaby Steps(壮大な目標への小さな一歩)と見出しを掲げた。その未来像をSF小説『Neuromancer』(電脳空間をテーマとしたサイバーパンクの代名詞的作品)になぞらえて紹介している。超極細のセンサープローブ『N1 Implant』は脳の血管や神経に損傷を与えないよう直接埋め込まれ、コンピュータと情報をやり取りする。専門的な脳外科手術に頼り切ることがないように独自開発された手術用ロボットについても同時に発表された。2020年内にスタンフォード大をはじめとした多施設での臨床試験について申請が行われたという。

医学的には脳への埋め込みはかねてより行われてきた技術の延長線上にあり、四肢麻痺の患者などへの応用が期待されてきた。脳に埋め込まない非侵襲性を目標とするBrain-Computer Interface(BCI)技術も進められており、脳波によるロボットアーム操作(過去記事)は先日話題になったばかりである。イーロン・マスク氏のNeuralink社は、先進的なセンサーを使用してはいるものの、脳に直接埋め込むという選択肢をとっている。ある意味では確実かつ早期に技術を達成させるための強い野心がうかがえる。しばらくはこのニュースについて続報への関心が尽きないだろう。

前の記事皮膚生検の不要な時代へ – 国立台湾大学付属病院で皮膚疾患診断AIアプリ導入
次の記事米テキサスの市中病院 脳卒中ケアへのAI利用開始
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。