AIが看護師のケアを特別なものへ導くか?

看護師の思いやりに溢れたケアは、患者と家族の病院での経験にプラスの影響を与える。では、そのケアに対する患者満足度はどのように分析され、看護師らを導いていくだろうか。AIによって看護ケアに対する患者満足度を分析した研究がJournal of Nursing Administrationに発表された。

AI in Healthcareでは、米企業GetWellNetworkのメンバーによって行われた同研究の概要が紹介されている。入院患者がフィードバック用プラットフォームに提出したコメントに対して、自然言語処理・機械学習・感情分析を適用した結果、看護師の行動によって患者に伝わる最重要なテーマが「礼儀と敬意(courtesy and respect)」であると分かった。

著者らは、AIによって患者コメントを定性分析する研究が、患者と家族にとって最も有意義な看護師の行動を明らかにできると結論づけている。また、看護師らが主体的に同様の研究に関わり、医療AIの発展に寄与することを期待している。

前の記事axial3D – 医療と3Dプリンティングを繋ぐ英スタートアップ
次の記事Google Cloud AutoML – 専門知識を持たない臨床医が高精度な医療AIを開発
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。