マイクロソフト AI創薬におけるノバルティスとのパートナーシップを発表

Photo by iStock

米マイクロソフトは1日、AI創薬分野においてスイスの製薬大手ノバルティスと提携することを発表した。これに伴い、ノバルティスは新しいAI研究所を創設した上で、同社開発事業へのAI活用を急速に進める。

Microsoft News Centerの公表によると、この提携は複数年を見込み、共同研究事業をスイスのノバルティス本社、アイルランドのNovartis Global Service Center、英国のMicrosoft Research Labを中心に行うという。当初は3つの分野、1.加齢黄斑変性の個別化治療、2.遺伝子細胞治療、3.薬剤設計を取り扱う予定。

マイクロソフトCEOのSatya Nadella氏は「我々の戦略的提携関係は、ノバルティスの持つライフサイエンスへの高度専門性とマイクロソフトが誇るAIテクノロジーを融合させるものだ」とし、ヘルスケア領域、特に薬剤開発へのAI活用の優位性を強調する。

前の記事AIが10秒で肺炎診断 – スタンフォード大学 CheXpert
次の記事Biofourmis デジタルバイオマーカーがもたらす医療革新
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。