サウジアラビア Nala – 世界初のアラビア語による医療AI診断アプリ

AIによって患者の自宅診断を支えるプラットフォームの拡大は、先日も双日の米スタートアップSenselyへの出資を紹介した(過去記事)。自然言語処理と密接に関わる技術だけに、その国のローカルな言語での開発が不可欠な部分も多い。現状では、英語圏あるいは中国語圏が中心となる。そのような中、アラビア語圏で利用できる医療AI診断アプリとして世界初を謳う、サウジアラビア発のNalaというサービスがある。

Business Wireの報道によると、Nalaはサウジアラビアのリヤドに本拠をおき、現地の医師を中心とした人材でデジタルヘルスサービスを急成長させている。今月、Nalaはアラビア語での即時医療診断を可能とするAIプラットフォームの立ち上げを発表し、最初のラウンドに100万ドルを調達した。Nalaは、サウジアラビア政府が掲げる経済改革計画「Vision 2030」に貢献が期待される民間企業として、政府からの認可と支援も強化されている。

Nalaの創設者でCEOのOthman Abahussein氏はインタビューに対し「私たちの使命は、ヘルスケアのコストを10分の1に削減すると同時に、卓越したヘルスケアをユーザーに提供することです。チームはリヤドにおかれ、人材への投資は、すべて現地の才能に注がれています。非常に高い報酬で、現地の才能に賭けているのです」と語った。すでにAppleのAppStoreとGoogleのPlayStoreで公開されているNalaのアプリは50,000人以上のユーザーを抱え、アラビア語圏の潜在的なユーザーを対象に今後も爆発的な成長を遂げるかもしれない。

前の記事Google 米Ascensionと提携 – 膨大な医療情報を利用可能に
次の記事医療ミスを防ぐAI技術 – インシデントレポートの解析アルゴリズム
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。