スマートフォンカメラで日々の健康チェック – 表情からバイタルサインを読み取るAI技術

近年、平均的なビジネスパーソンは1日のうち3-4時間程度をスマホ使用に費やしているという。ニュースサイトやSNSをチェックするその時間、スマートフォンカメラを通した自身の健康チェックが行われるとすればどうだろうか。

イスラエルのスタートアップ・Binah.aiは、スマートフォンカメラを利用し、人物のフェイスモニタリングによってバイタルサインを抽出するAI技術を開発した。The Jerusalem Postが28日報じたところによると、同社のAIアプリは顔動画を解析することで、心拍数であれば7秒、呼吸数は30秒、酸素飽和度を10秒で捉えることができるという。またストレスレベルの評価も可能となった一方、同社はフェイスモニタリングによって血圧と血糖値を測定する機能の実現を目指しているとのこと。

Binah.aiのCEOであるDavid Maman氏は「このテクノロジーは特殊なハードウェアを必要とせず、どこでも機能することができる。スマートフォンだけでなく、例えばスマートミラーとして搭載すれば、毎朝歯を磨いている間にバイタルサインを抽出することもできる」と述べる。日本のデンソーともパートナーシップを結び、ドライバーへのデジタルヘルス技術活用も期待される。現在、ヘルメットをかぶったレーシングドライバーでさえモニタリングできることを明らかにしており、潜在的な活用の幅は広がる一方と言えるだろう。

前の記事がん免疫療法で恩恵を受ける患者をAIが予測 – 肺がんのテクスチャ変化をとらえるモデル
次の記事米AmazonがAlexaで処方薬管理機能を提供 – 大手スーパーマーケットチェーンGiant Eagleと提携
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。