Zebra Medical Vision レントゲン画像から三次元モデルを構築するAI技術

イスラエルのZebra Medical Visionは、Johnson & Johnsonの子会社にあたるDePuy Synthesと提携し、整形外科領域で活用されるクラウドベースのAIソリューションに取り組んでいる。

Medicaldevice-network.comが報じたところによると、両社のパートナーシップの下ではZebra Medical Visionの機械学習アルゴリズムを利用し、整形外科疾患患者のレントゲン画像から三次元モデルを構築するシステムの開発に臨むという。Zebra Medical VisionのCEO・Eyal Gura氏は「この戦略的パートナーシップにより、整形外科領域における治療方法と患者アウトカムに大きなインパクトを与えられる」としている。

整形外科領域における病態評価・術前評価にはCTやMRIが常用されているが、前者は被曝量の問題、後者は長い測定時間と安静保持の問題があるとともに、いずれもが非常に高価な機器となる。レントゲン撮影機器はクリニックレベルの小規模医療機関にも広く普及し、単回施行あたりの被曝量・測定時間・コストに優れるため、AI技術によるサポートを受けた利用範囲の拡大には期待が大きい。

前の記事AIで心筋梗塞と心臓死を予測
次の記事急性骨髄性白血病 AML はAI診断の時代へ
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。