米ホワイトハウスがAI規制のガイドラインを策定

米ホワイトハウスは2020年1月7日、AI開発・利用を規制する際に考慮すべきガイドラインを発表した。当局による過度な規制を制限し、開発の促進を期待する方針となる。

米政治専門紙The Hillが報じたところによると、ガイドラインは「公平性、非差別、開放性、透明性、安全性、セキュリティ」を奨励している。また「リスク評価と費用対効果の分析、科学的なエビデンス、米国民意見からのフィードバック」を組み込む必要性を強調する。

ガイドラインは、AIの規制強化を検討しているEU諸国の方針に対抗する位置づけとみられる。2019年2月にトランプ大統領はAI開発促進を図る大統領令に署名しており(過去記事)、それに準拠するガイドラインとなる。ホワイトハウスの最高技術責任者Michael Kratsios氏は「このガイドラインはイノベーターに対する規制の不確実性を軽減し、一般の意見を増やし、信頼できるAI開発を促進することで、技術的および倫理的問題に対処していくアメリカの方針を提供するものです」と語った。

前の記事米大規模ヘルスケアプロバイダー AIトリアージツールを導入
次の記事前立腺がん病理診断にAIの眼を – スウェーデン カロリンスカ研究所
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。