知の統合を目指すnference – メイヨークリニックなどから6000万ドルを調達

Photo by iStock

米マサチューセッツ州ケンブリッジを本拠とするスタートアップnferenceは、シリコンバレーのベンチャーキャピタルと手を組んだメイヨークリニックなどから、6000万ドルの資金を調達した。nferenceは2013年に立ち上がったソフトウェアスタートアップで、非構造化データを含めたあらゆる生物医学情報を統合・利用可能なプラットフォームの開発を目指している。

Endpoints Newsが報じたところによると、nferenceはAIを利用し、医療画像や各種検査結果、ゲノム配列などだけではなく、構造化されていない生物医学情報である学術論文や症例報告、臨床メモに至るまでを解析可能なプラットフォームの構築を目指しているという。まさに医療分野における知の統合を目指す同社は、デジタル化の進むヘルスケアにおいて、指数関数的に増加している生物医学データの総体に真っ向から取り組む。

nference創業者でCSOのVenky Soundararajan氏は「人間の専門家に取って代わるビジネスではない」と強調する。同社プラットフォームが目指すのは、医学領域における研究者がR&Dプロセスの任意の時点で、あらゆる相談が可能なワンストップショップ機能の提供であるという。つまり、それが新しい化合物の生成に関することであれ、臨床試験の設計に関することであれ、「エビデンスに基づいた強力なアドバイスと解決策を得られる場」ということになる。散逸する科学的エビデンスの効率利用を実現する革新的ソリューションとなるか、大きな期待が寄せられている。

前の記事3Derm Systems 皮膚腫瘍識別AIでFDAブレイクスルーデバイスの認定
次の記事全米AIコンテストに選出 – バージニア大学の再入院を減らすAI プロジェクト
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcherを経て東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。