NVIDIA – IVA Summit in Osaka

NVIDIAは1月30日(木)、グランフロント大阪北館B2Fコングレコンベンションセンター・ルーム3にて「IVA Summit in Osaka」を開催する。Intelligent Video Analytics(IVA)に関する先端技術と先進導入事例などが紹介される予定とのこと。

NVIDIAのAIコンピューティングプラットフォームが提供する高度な画像認識技術は、IVA領域においても大きな注目を集めている。AIによるカメラの映像解析は、不審者や迷子の検知、交通状況の予測や管理など、便利で安全なまちづくりに貢献するほか、無人店舗の管理や店舗での販売状況の予測・分析などによって、人手不足の解消や事業の効率化も期待されている。本セミナーでは、課題解決とその先の付加価値創出に向けてIVAを活用するユーザーの、先進的導入事例などが紹介される。

イベントページ: https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/events/nvidia/133874/

前の記事Zebra Medical Vision – 新CEOを迎え北米での事業拡大を目指す
次の記事2019-2023統計 – 医療AIマーケットのCAGRは28%の高水準
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。